ミネラルウオーターは海外旅行の持ち物として持っていけるのか

ミネラルウオーターを機内に持ち込む場合

出国手続き前に購入したミネラルウオーターは、ペットボトルが液体物持ち込み制限に該当するため、航空機内に持ち込めません。
国際線を利用する際、航空機内には100ml(g)を超える容器に入っている液体物は、持ち込みが禁止されています。
したがって、家などから持参したペットボトルは、出国手続きの際に処分する必要があります。
国内線は持っていけます。



機内に持ち込めるペットボトル

ただし、出国手続きの手荷物検査を終えてから、飛行機に搭乗するまでの間に購入したペットボトルは機内に持ち込めます。
航空機において、最も大事なことは安全な運行が保証されることです。
出国手続きが終わった後のエリアで購入したミネラルウオーターなどは、航空機への持ち込みが可能です。

スーツケースにいれていく事は可能?

軟水に慣れている日本人が硬水のミネラルウオーターを飲むと、人によってはおなかを壊してしまう場合があります。
おなかが弱くて心配という方は、もしもに備えて軟水のミネラルウオーターを少し多めにスーツケースに入れましょう。
また、ニューカレドニアみたいな島国では、水が高く結構いい値段がする場合があります。
他には、水不足の国なども。そう行った場合に備えて多少持っていくのも、何かときに便利です。
航空会社のチェックインカウンターで、ペットボトルが入っているスーツケースを預かり荷物として取り扱ってくれます。

ただし、無料で預け入れできる荷物の重量制限には注意が必要です。
目安として一つの荷物につき、20キロ前後の場合は無料で持ち込み可能ですが、航空会社やクラスによって許容量が異なるため事前にチェックが必要です。
ペットボトルのミネラルウオーター1.5Lの重量は1.6kgほどなので、スーツケースに入れすぎると重量の制限を超えてしまうこともあるので、うっかりして超えないようにしよう。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう