ワットパクナム(エメラルド寺院) in バンコク

1.ワットパクナムまでの行き方

ワットパクナムは、近年バンコクの定番観光スポットになりつつありますが、実は現地のタイ人などの間では知られていません。
ワットパクナム周辺は現地の学生や僧侶?の方も多数生活していますので、迷惑のないように特に気をつけていく必要があります。



ワットパクナムの近くには、現在「ワットパクナム」へはMRT「バーンパイ(Bang Phai)駅」から徒歩10分ほどでアクセス可能ですが、決して近いとは言えません。暑い中を歩きたくない方や地図が苦手な方は近くの駅からタクシーやトゥクトゥクで向かうのが良いでしょう。

ワットパクナムの行き方の案内
ワットパクナムの行き方の案内

GRABでタクシーを使えば、250BTSで行くことが出来ました。
ワットパクナムの拝観料は無料、開いている時間は8:00〜18:00です。
駅から距離がありますが、寺院近くにトイレもあります。現地の人も日本人を見ると、ワットパクナムを見に来たんだなってすぐ分かり、場所をすぐ教えてくれます。

入り口には靴を脱いで入りましょう
入り口には靴を脱いで入りましょう

仏塔へ入る前に靴を脱いで上がります。エレベーターが使用できるのは、土日と仏教の祝日のみ。
(ご高齢の方や体の不自由な方は、窓口で申し出ると平日でもエレベーターを使用可能とのことです。)

注意事項としては、金色の柱には触れないこと。また、ここは神聖な場所ですので、大きな声で騒いだりふざけたりしないこと。
写真撮影はOKとのことですが、参拝されている方の邪魔にならないように気をつけましょう。
近年、日本人のマナーの悪さでニュースで取り上げられたことも記憶に新しいので、何事も配慮を持って見物しましょう。

2.ワットパクナム(エメラルド寺院)

2階の様子
2階の様子

5階へ上がると、いよいよあの天井画が現れます!

ワットパクナム
ワットパクナム

その光景に息を呑むことまちがいないでしょう。
見物者のほとんどが日本人でしたが、数人ほど欧米人もいて、「wow」と声をあげてました。

エメラルド寺院
エメラルド寺院

とても静かな場所で、このような壮大なアートを見ると、心が洗われるような気がします。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう