マレーシア⑥ ピンクモスクとブルーモスク

クアラルンプールのツインペトロナスタワーもいいけど、個人的には、観光スポット「ピンクモスク」もお勧めします!

外観、内観、貸し出しのローブまで全てピンク色の乙女心くすぐるフォトジェニックなモスクで、建物の中はピンク色で統一されて全てが可愛いです!
特に女性にお勧めしたい場所であります。

外観だけでなく内装もピンクで可愛い
外観だけでなく内装もピンクで可愛い

ちなみにピンクモスクは1日中空いているわけではないので、注意が必要です!
見学時間は以下のようになります。

  • 土曜日〜木曜日は、9:00-12:30・14:00-16:00・17:30-18:00
  • 金曜日は、15:00-16:00・17:30-18:00

17時半からだと見学時間は1時間半になるので、ゆっくりみたい場合は土曜日〜木曜日の9時から12時半に行くのが良いかもしれません!

女性はローブの着用が必須です。
女性はローブの着用が必須です。

また、女性は貸し出しのローブ着用が義務つけられていますので、ルールを守った上で内見しましょう。

実際に、電車とバスを使って行ってみたのでその時の行き方をお役立てください。



1.ピンクモスクまでの行き方

クアラルンプールから30分前後で行ける点と、行き方も難しくないです。

まず、KL Sentral駅(KLセントラル駅)からKLIA Transit Lineで2駅目「Putrajaya & Cyberjaya」駅(プトラジャヤ & サイバージャヤ駅)が最寄り駅です。(片道14RM 2019年5月現在)

駅に着いたら、そこから、バスかタクシーで行くことをお勧めします。歩くことも可能ですが、40分以上かかるのでオススメはしません。

バスだと、プトラジャヤ駅から階段を降りるとバスのロータリーになっています。

そのロータリーの奥にあるインフォメーションで、バスカードを買います。

このカードを買ったら502番のバスに乗ればピンクモスク前に行くことができます。

バスからマレーシアの首相官邸が見えてきますのでここでおりましょう
バスからマレーシアの首相官邸が見えてきますのでここでおりましょう

特に迷わず行けて、映えるスポットなので、ぜひ行ってみて下さい!

美しいピンクモスク
美しいピンクモスク

2.ブルーモスクまでの行き方

マレーシア・クアラルンプール郊外にある、美しい外観が目を惹く「ブルーモスク」。
大きさが世界第4位の迫力満点のモスクです。
トルコ・イスタンブールにも同じく「ブルーモスク」と呼ばれる「スルタンアフメト・モスク」(世界遺産にも登録済み)がありますが、全く別物です。
モスク内はいつ訪れても混んでいることなく、静かで澄んだ空気の中、じっくりと観光を楽しむことができます。

ピンクと違った魅力のブルーモスク
ピンクと違った魅力のブルーモスク

クアラルンプールからブルーモスクまでは、バス・電車・タクシー3つの行き方があります。

1番のおすすめは、バスを使った行き方です。所要時間は1時間ほど、チケット代もリーズナブルに済ませることができます。
ただ、頻度は30分に1本なので、少々不便でまた、着いたバス停からモスクまでは徒歩で距離があるため、少々不便です。
それでも、トータル的には、コスパ良きでお得な感じはします。




電車は、KLセントラル駅→(KTMコミューター 2.5リンギット 約35分)→シャーアラム駅→(タクシー 約7リンギット 約10分)ですが、割と電車は不便です。なぜなら、タクシーを使わないといけなかったり、待ち時間がながったりするためです。

私の場合は、あまり時間がなかったので、GrabというアプリでTaxiで行きました。
Grabは事前にクレジットカードを登録し、行き先までの時間と値段が表示されるので、ボッタられることはありません。
また、マレーシアは日差しが強いため、快適に移動したいならTaxiをお勧めします。

ライトアップされたブルーモスク
ライトアップされたブルーモスク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう