バンコクからパタヤへの行き方

1.バンコクからパタヤへの行き方

バンコクからパタヤへ行くには、以下3つの内いずれかの交通機関を利用します。

  • 1.バス
  • 2.タクシー

今回は、実際にエカマイバスターミナル発のバスを利用してパタヤに向かったので、その記録を記載します。
エカマイバスターミナルはBTS目の前にあるので、立地的にも便利。
また、バンコクからパタヤまでの所有時間は、バスで2時間30分程度で、金額(119バーツ)で行けます。

バンコク市内からパタヤへのバス乗り場はBTS エカマイ(Ekkamai)駅の前にあります。
エカマイ駅の2番出口を降りてUターンすると、10メートルほどでバスターミナルが見えます。
バスターミナル内には「PATTAYA」と書かれたチケットカウンターがあるので、ここでチケットを購入します。

パタヤ行きのチケット売り場カウンター
パタヤ行きのチケット売り場カウンター



ただ、気をつけて欲しいのが、バスでも下記のようなバスは辞めた方がいいです。
最初は、このバスのチケット買って乗ってみたのですが、一向にバスが動く気配がない上に、人が乗る椅子のところに荷物も一緒に乗せるので、かなり狭いです。
またトイレもなく、居心地も良くなく、「いつ出発しますか」と聞いても「GONOW!GONOW!」と言いつつ、15分以上経っても発車する気配がないので、
チケット金返却してもらい、他のバスに乗っていくことにしました。

このバスはお勧めしません
このバスはお勧めしません

下記のバスは、トレイがついてあり、ちゃんと荷台もあるので、こちらで行くことをオススメします。
「28」のカウンターでチケットが買えるので、こちらのバスチケットを買って乗って行きましょう!

トレイも付いてる大型バスを利用しましょう
トレイも付いてる大型バスを利用しましょう

またこちらのパタヤ行きのバスはAM 05:00〜PM 23:00の間、30分〜40分間隔で出発します(最終バスは23:00発)。

基本的に、バスの途中休憩はないみたいですが、自分が乗った時は、バスのガソリン給油のため、10分間の休憩がありました。
休憩ない可能性もあるので、バスターミナル内の売店で、バス乗車前に飲み物を買っておく事をおすすめします。

2.パタヤからホテルやビーチの行き方

パタヤについてから、ホテルやビーチに行くときは、現地の人の足とも言える、ソンテウと呼ばれるジープみたいなローカルバスを使うと便利です。
パタヤは、ビーチ辺りのエリアは、一方通行の交通となっているため、巡回しながら車が通っているため、場所によっては、多少遠回りになりますが、ちゃんとホテルまで届けてくれますので、便利です。
また、このソンテウは、駅以外の停留所以外から乗ることができ、降りるときは降車用のボタンを押して降りることもできます。
お金の支払いは降りたあと、ドライバーのところまで行って、お金を支払うだけなので、簡単です。
(基本10バーツぐらいだったと思います。)
価格が安く使いやすいので、パタヤにいるときは、必須の乗り物になります。
ただ、巡回してないエリアもあるので、その場合は、タクシーや、バイタクなどを利用することになります。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう