アユタヤまでの行き方と観光

1.アユタヤまでの行き方

バンコクの北側約80キロほどの場所にアユタヤ遺跡はあります。
起点となるのは、バンコク市内の「フアランポーン駅(Hua Lamphong Station)」で、
そこからタイの国鉄「State Railway of Thailand」を利用して「アユタヤ駅」までアクセスする形になります。

バーンスー駅
バーンスー駅

私たちが乗った時は、ハッピーニューイヤーなせいもあり、列車に座れることなく、ずっと立ちっぱなしで
1時間40ぐらい移動してました。写真の通り、立っている方が多いです。

電車の中は満員で座れず
電車の中は満員で座れず

基本的に、何列の何シートに乗ってくださいというのが、切符に記載されています。
なので、本来は座れるはず?!だと思います。



しかしながら、ここはアジア、時期にもよるかと思いますが、座れないこともあるので、疲れるのが嫌な方はツアーでバス移動や、タクシーを利用されるほうが良いかと思います。
アユタヤは広いですので、着いてから結構歩きます。そのため、なるべく体力を温存しておくほうが賢明です。

ワット・マハタート(アユタヤ)
ワット・マハタート(アユタヤ)

2.アユタヤ観光

アユタヤ到着後、トゥクトゥクで観光しませんか?とタイ人の方が進めてきます。
私たちは疲れていたのもあり、トゥクトゥクを利用。というより、ほとんどがここでトゥクトゥクを利用すると思います。
観光スポットまで送ってくれて観光できますので、便利です。ちなみに、1観光スポットあたり、30〜40分ぐらい時間を与えられます。
値段は交渉もできますが、私たちは、3時間900バーツで4〜5箇所回りました。

木の根元にある奇跡の仏頭
木の根元にある奇跡の仏頭

トゥクトゥク以外には、自転車レンタルや、原付レンタルなどもあったので、自分の足で見て回ることも可能です。
時間がある方は、ぜひ利用してみてください。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう